高校生時代に行った家具のリフォーム

高校生時代に自分の中で流行した家具のリフォームの方法がありました。


その頃住んでいた実家は2階建ての一般的な一戸建て住宅です。

自身の部屋としていたのは2階の1室で、6畳の洋室です。


この室内には高さが150センチ程度の小さな箪笥と、他の家具では木製のベッド、そして書籍などを収納するためのカラーボックスが3つありました。
後にテレビを入手したために、テレビボードや小さなテーブルなども設置し、徐々に家具が充実していくことになります。


高校生活も半分が過ぎようとしていた頃に、急に室内の家具やインテリアに拘りを持つようになりました。当時自身の中で気に入っていた家具は黒色のカラーボックスです。
このカラーボックスは自分だけではなく、当時は広く世間で流行し、大抵の家具店や、ホームセンターなどに行くと、同じ規格のものが販売されていました。

その為、黒のカラーボックスに合わせて他の家具も全て黒に統一することを目標としていました。

最初にリフォームを行ったのは箪笥で、その方法としては、ホームセンターで販売されていた黒の木目調のカラーシートを貼り付ける方法です。

このカラーシートには予め糊が付いており、施行方法は簡単です。

特に箪笥は四角形で構成されているので、サイズの計測も簡単でスムーズに作業を進めることができました。

元々は薄い茶色系の木目調のプリント合板で作られた箪笥でしたが、見事に黒色にリフォームを行うことができました。

この一件で勢いが付き、次に行ったリフォームはテーブルの黒色化です。
施行方法は箪笥と同様で、カラーシートを用いて貼り付けました。
テーブルは使用方法によって大きな摩擦が予測できる部分なので、カラーシートを使用する方法には適しています。
しかしテーブルの脚には使用することができないために、黒色のスプレー式の塗料を購入して色を塗装しました。

最後に行ったリフォームではベッドですが、スプレー式の塗料はカラーシートと比較するとコストパフォーマンスに優れていることに気付き、全てをスプレー塗装で仕上げています。


室内の全ての家具を黒色にしていた懐かしい記憶です。

http://girlschannel.net/topics/294224/
http://biz-journal.jp/2016/01/post_13340.html
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10111838470

灰皿のスタンドついて詳しく説明しているサイトです。

あなたが求めるエコポンについて詳しく知りたいならこのサイトです。





さらに身近になったおしゃれなこたつサービスの評価に関する耳より情報を公開しています。


Copyright (C) 2016 高校生時代に行った家具のリフォーム All Rights Reserved.