新築一戸建てに引っ越しをする時期とは

新築一戸建て住宅を建てた時には、いつひっこしをすることができるかということで心待ちにしている家族がいるはずです。子供からすればとてもうれしい行事でしょう。
実際に自分たちが子どもだった頃に親が新築一戸建てを建てて(買って)引っ越しをして住み始めた時のことを鮮明に覚えている人も少なくありません。
では、実際にどの段階になったら引っ越しをすることができるのでしょうか。


普通、新築一戸建てに住むことができるのは鍵をもらってからです。

鍵をもらう前はそもそも家に入ることはできないからです。


鍵をもらう時期とは、ローンの実行日であることが多いようです。
ですので、例えば、今まで賃貸住宅に住んでいてそこに生活の基盤があるような場合に、引っ越しをする時期はローンを実行した日以降になります。

引っ越しの日程を組む場合にはローンの実行日をよく考えて引っ越し屋に引っ越しを依頼することが大事になります。


もし、ローンの実行日をある程度柔軟に移動することができる場合には、3月は避けるのが良いでしょう。
何故なら3月は引っ越し屋が繁忙期の為料金が1割から2割増しになっているうえ、予約が取りにくいからです。

ただ、住所を移転する場合、つまり、ローンの審査前には、一応ある程度カーテンぐらいは搬入して取り付けておいた方がいいでしょう。

何故なら、新しい住所に移すということは新しい住んでいるという事実確認をされることもあるからです。


実際に住まないまでも、住んでいる振りをすることも大事なのです。

今までは防犯性に注目すると新築一戸建てよりもマンションの方が優れていると考える方が多くいましたが、現在は新築一戸建ての防犯性が年々高まっているのが特徴です。

特に最新の新築一戸建ての中には防犯住宅として売り出しているものもあります。

窓や玄関に関して最新の防犯システムを導入しているのが特徴で、玄関ドアは2ロックが標準装備となっています。
鍵が2ロックなだけでなく静脈認証やナンバー式のオートロックを導入している新築一戸建てもあり、不審者侵入を防ぐさまざまな工夫がされています。


窓には防犯フィルムが初めから組み込まれており、もっとも多い窓ガラスを割って手を入れて開錠してからの不審者侵入を防ぐ工夫がされています。雨戸も高い防犯性を持ったものを使用しています。


さらに警備会社と契約して窓の振動など不審な動きがあった場合にはすぐに警備員が駆けつけるなどの防犯体制を整えている物件もあります。ツーバイフォー住宅などは間口が小さく、窓も少ないため、不審者侵入を防ぐことができ防犯性が高い住宅と言えるでしょう。

また新築一戸建てはエリアによっては町ぐるみで防犯意識が高いケースがあり、セキュリティに強い一戸建てということで分譲されています。

このような防犯性の高い住宅ならマンションに負けない安全な暮らしを約束することができます。
一戸建ての場合は隣近所との結びつきもあり、街ぐるみで不審者をシャットアウトして、自分たちで住まいのエリアを守っていこうという思いを持つ方が多くいらっしゃいます。

















関連リンク

_pickedtitle3_

_pickedteaserText3_

more

_pickedtitle4_

_pickedteaserText4_

more