不測の事態では新築一戸建てのお金は返還してもらえる

新築一戸建てを建設するときには、不動産の契約をスムースに進めるために手付金を前もって不動産会社に支払うことが常識です。


手付金は、不動産価格の数%から数十%のお金を支払うことによって不動産の契約の安全性を担保するために存在します。

手付金を支払っておけば後で急に契約を解除したくなったときに何の制裁も受けることなく契約を解除することが出来ます。


では、手付金は一度支払うとどのようなときも返還請求することは出来ないのでしょうか。



実は、手付金であっても不測の事態によって不動産会社に何らかの問題が生じたときには返還してもらうことが可能です。
例えば、新築一戸建ての建設を進めている途中で不動産会社が倒産をしてしまった場合です。



悪質な不動産会社の中には、既に債務不履行によって倒産が確定しているにも関わらず手付金だけを奪って逃亡を図る会社もあります。

このような会社から手付金の返還を実現できないとなると消費者は全ての負担を抱えなくてはいけなくなります。



そこで、法律的にも手付金に関する契約時の保証書をきちんと保管している人に対しては手付金を返還することになっているのです。

新築一戸建てが中途で建設が終わったとしてもその手付金は消費者の手元に返ってくるので、相手の不動産会社が何らかのトラブルを起こしたときには遠慮せずに手付金に関する問題解決のために動かなくてはいけません。

このようなときにまで、無駄な負担を消費者が背負う理由はないのです。



新築一戸建ては、誰もが羨むマイホームの形と言っても過言ではありません。
大きな犬を飼うことも、庭でバーベキューやキャッチボールをすることも、広々とした間取りで家族全員に個室を確保することも可能です。

注文住宅であれば世界にたった1つのオリジナリティ溢れる住まいを実現することができますし、建売住宅でも様々なデザイン、間取りが充実しています。



しかしいざ住まい探しを始めるとなると、何から始めたら良いのか分からない、と感じる人が多いのも事実です。
欲しいブランドの服があれば、そのブランドを扱うお店に行けば良いだけですので分かりやすいですが、新築一戸建ての場合、土地を購入して設計事務所などにプランを相談する方法、工務店に依頼する方法、ハウスメーカーに任せる方法、建売住宅を選択する方法など、様々な取得方法があります。
多くの人にとって、一生に一度しかない新築一戸建ての購入方法がいろいろある現状は、消費者にとって分かりづらいといわざるを得ません。



本音を言えば、建物はブランドイメージがあるハウスメーカーに、アフターフォローは地元の工務店に、デザインは設計事務所に、お値段は建売住宅並みに、と言いたいところですが、もちろんそんなことはできません。



ただ1つ言えることは、住まいは一生もしくは相当期間長く付き合うものであり、家だけ、ブランドイメージだけ、アフターサービスだけ、と単体で考えるものではありません。


トータルで安心できることが重要であり、多くの新築一戸建て分譲を扱っている会社なら間違いない、ということです。



関連リンク

_pickedtitle3_

_pickedteaserText3_

more

_pickedtitle4_

_pickedteaserText4_

more