新築一戸建て 注文建築と分譲の違い

家を買うときに、一戸建てかマンションかは、建物の形だけでなく、所有や管理のスタイルにも影響します。

マンションでは、建物の共有部分を全員で共有するため、費用を分担して手ごろな価格で警備員の常駐など、充実した管理サービスを受けられるのが魅力ですが、その反面、管理規約などのルールもあります。
一戸建てなら、近隣に迷惑をかけない範囲で、楽器演奏やペットなども遠慮をしないで行うことができます。


新築一戸建ての購入にあたって、注文建築と分譲建売がありますが、はじめにどちらかを決めるよりも、その特徴を知った上で、幅広い選択肢を持って探すのがおすすめです。新築一戸建ての中でも、注文建築の最大のメリットは立地を自分で選べることです。建売では、立地と建物が決まっていますが、注文ならば、選んだ場所に、自分の思い通りの家を建てることができます。
その一方で、建売のメリットは、多数の住宅を建設した実績に基づく、普遍的なデザインや利便性と、住宅設備等の一括購入によるコストパフォーマンス、建設期間がないので、引き渡しを受けたらすぐに住むことができる点などがあります。



建設期間の違いは、その間の住居費(仮住まいの家賃)がいるかどうかで、予算に数十万円から時には100万円近く影響します。



新築一戸建てを購入するときは、まずは最新の住宅設備のトレンドなどを知る勉強の意味合いも兼ねて、分譲住宅で目を肥やし、その中で、足りないものを注文建築で補えるなら、注文建築を選ぶのが効果的です。



一戸建てを購入したいと考えている人は非常に多いですが、その多くは中古物件を購入します。


本当は新築一戸建てを買いたいのですが、非常に高価であるため手が出ないというのが実情です。そのため、購入されるのは中古物件がとても多いのです。

しかし、やはり新築を買いたいと願っている人が非常に多いため、そういう人たちは多少の無理をしてでも買おうとします。
その手段として代表的なのはローンを組むという手段です。
そして、そのローンは返済の義務があります。



30年もかかって返すよいうにローンを組んでいる人もいます、新築一戸建てを現金で購入できる人は少ないです。



ローンを組むときにはいくつかのポイントが存在します。一番のポイントはその新築はいつまでも新築ではないということです。どれぐらいの速度で古くなるかということが大事なポイントといえます。



年月が経つと家は中古になっていきます。

そうなると価値は下がっていきます。



新築一戸建てが新築の雰囲気を保っていられるのは長くて5年ぐらいだと言われています。
特に新興住宅街の場合はすぐ隣に新しい家が建てられたりします。そうすると自分の家が古くなったことを嫌でも実感することになります。



そのため、周囲のスペースを見て、新しい家が建てられる可能性があるかどうかを調べておいた方がいいです。業者はそこまで詳しいことは伝えてはくれません。
新築一戸建ては住んでいるととても気分がよいので、出来るだけ長くその感覚を味わいたい人が多いです。


関連リンク

_pickedtitle3_

_pickedteaserText3_

more

_pickedtitle4_

_pickedteaserText4_

more