再開発エリアの新築一戸建て

新築一戸建てが多く販売されるエリアといえば、再開発エリアです。
再開発エリアとは、都会から少し離れた場所に新しく街をつくるような形で開発が進められるエリアのことです。新駅をきっかけにその周辺が開発されることもあれば、売りに出された大きな工場跡などを利用して進められることもあります。

ある程度の土地を確保できるので、開発が大規模であること、分譲数が多いこと、新しい商業施設等が次々と招致されて活気があること、などが特徴です。


都心から離れているとはいえ、開発が進めば住み良い地域になりますので、決して格安というわけではありませんが、価格の上でも広さの上でも都心に新築一戸建てを持つことが難しい若い人々にとっては、現実的なマイホームの場所として注目せざるを得ません。

こういった大規模開発に伴う新築一戸建ての分譲住宅は、販売よりもかなり早い段階で告知が始まるのが一般的です。


テレビや新聞広告、インターネットなどを通じて大々的な告知を行います。

マイホーム購入を検討する人にとっては、充分な準備期間を取ることができますので、計画的にマイホームを取得することができます。


気になる再開発エリアの告知が始まったら、是非現地へと足を運んでみることをおすすめします。
広告はあくまでも広告ですので、非現実的なほどに整備されているように見えます。


広告が打たれる頃には商業施設の招致も進んでいますので、実際の買物や通勤、通学をイメージしながら街を見ることができるはずです。

良い開発エリアほど、新築一戸建ての完売も早いです。


伸び伸びと子育てしたいので、少し無理をしてでも住まいは新築一戸建てが良い、と考える若いご夫婦は少なくありません。

子供の人数や成長に合わせてリフォームができる自由度の高さも、子育て世代には見逃せません。


最近は、リビングを広くした間取りが大人気です。

その理由の1つは、共働きの夫婦が増えていることです。

母親も働きに出ることで、子供とのコミュニケーションが薄くなりがちと考え、家族が集うリビングを居心地良くしたい、との思いがあるのでしょう。
また子供が個室にこもってしまうよりも、目の届く場所に居てほしい、と思うのは、共働きかどうかに関わらず共通した親心です。
新築一戸建ての購入を決めても、いざどんな間取りが良いかと聞かれたら、明確に答えられないものです。
リビングが広い、だけでは漠然としすぎていて、とても住まい選びの役に立ちそうにありません。大きな買物をする時は、具体的に希望をはっきりさせておくことがポイントです。

この設備は絶対にほしい、和室は2つ以上、2階にも洗面台、というように、具体的な希望が決まっていれば、絞りやすくなります。しかしはじめからそんなふうに希望を明確にできる人は多くありません。


多くのモデルハウスを訪れて、少しずつ固めていけば良いでしょう。
新築一戸建てのモデルハウスを見てまわっているうちに、最新の設備や間取りのトレンドが分かってくるものです。


その中から自分たちの暮らしに必要かどうかを取捨選択していけば、自ずと理想の住まいの形が出来上がってきます。

















関連リンク

_pickedtitle3_

_pickedteaserText3_

more

_pickedtitle4_

_pickedteaserText4_

more