新築一戸建て住宅に適用される税の軽減措置について

夢の新築一戸建て住宅ですが、大きな買い物だけに費用のねん出が大変です。



しかも日本では、住宅を取得するとさまざまな税金もかかりますので、建築費用や土地の取得費用以外の出費についても頭を悩まされるところです。
しかし現在は住宅市場を活性化させるために、一定の条件を満たせば税の軽減措置を受けることが可能です。


軽減される税額もそれなりに大きな金額ですので、しっかりと手続きをして恩恵を受けるようにしましょう。

新築一戸建て住宅を取得した場合、まず住宅用地と住宅について固定資産税の軽減措置を受けることができます。



これは平成28年3月31日までの限定措置で、住宅用地の場合は住宅1戸当たり200?までの部分について、固定資産税を計算するために使われる評価額は6分の1を乗じたものが適用され、住宅の場合は3年間にわたり固定資産税額が2分の1に減額されるのです。



また新築一戸建て住宅を取得した際にかかる、不動産取得税にも軽減措置があります。


新築一戸建て住宅の場合は、課税標準額から1200万円を控除した金額が税額の計算に用いられるので、不動産取得税がかなり抑えられることになります。
さらに住宅を取得した際に必ずおこなう不動産登記についても登録免許税が軽減されており、所有権保存登記、所有権移転登記、抵当権設定登記について優遇措置が施されています。このほかにも住宅ローン減税や長期優良住宅に適用される軽減措置がありますので、きちんと調べて使えるものは利用しましょう。
子供が大きくなってきてアパート暮らしをしていると、何かと部屋が狭く感じるようになるものです。


小学校くらいになると、自分の部屋が欲しいという時期でもありますので、子供が小学校を上がるのを機に新築一戸建てに引越すのを考えてみるようにしてもいいでしょう。
子供が小学校に上がる時に引越しを考えるのであれば、通う事になる小学校近くの新築一戸建てを探すようにしなくてはなりません。

小学校の間は集団登校がある学校もあれば、ない学校がありますので、場合によっては送り迎えが必要になる日も出てくる可能性があります。

そしていくら校区内であったとしても、学校までの距離があまりにも遠いようであれば、通うのに多くの時間を費やすことになってしまいます。



そこで新築一戸建てを建てる時には、まずはその土地から学校までの通学路を歩いてみるようにするといいでしょう。



そうすることで、子供が通いやすい場所かどうかがわかるようになります。



地図上ではわからなかったような急な坂道や、危険な場所なども発見できるようになります。



子供が通学するのに適していないと思うのであれば、その場所に新築一戸建てを購入するのはやめておいた方がいいでしょう。

電車を利用する場合にしても、いくら駅までが近いとはいえ信号が多いような道になれば、なかなか駅に到着することができません。



現地に足を運んで、その後の生活の事を考えて調べてみるのはとても大事なことになります。


関連リンク

_pickedtitle3_

_pickedteaserText3_

more

_pickedtitle4_

_pickedteaserText4_

more