首都圏の新築一戸建て購入は早めに

新築一戸建てとなると、大きな買物ですので、誰でも買い時を意識することでしょう。
住まいが必要になる時期は人それぞれですので、欲しいと思った時が買い時、とよく言いますが、そうはいっても高い時には買いたくない、安い時に買いたい、金利が低い時に契約したい、と思うのが人情です。
充分に準備ができていないうちに購入することはとてもおすすめできませんが、どうせなら価格が上がる前に購入していただきたいと思います。
2020年の東京でのスポーツの祭典開催が決まり、今後不動産は値上がりが予想されます。

特に土地の価格が全体の少なくない割合を占める新築一戸建てではその傾向が顕著になるでしょう。東京近郊だけの話ではありませんが、特に首都圏では地価が上がることは間違いないでしょう。

既に一部では地価が上がり始めており、消費税増税も待っていますので、今はまさに大きな買物を済ませておく時期と言えます。

新築一戸建てを購入するとなると、気分を一新したいということで、家具や家電も買い替えるものが増えるでしょう。消費税は、こういった家具や家電を揃えるお金にも影響します。

引越し代にも関わってきます。

住宅の取得に関しては、住宅ローン減税を始め、贈与税非課税枠の拡大、優良住宅に対するローン金利の引き下げなど様々な優遇措置が用意されていますが、注意していただきたいのは、いずれも期限があり、条件は毎年のように変わることです。
贈与税の非課税枠に関しては縮小傾向にありますので、両親や祖父母からの贈与を考えている人は特に注意してください。


東京では23区外の都下であっても、新たに住宅を建てられるような空き地というものがほとんどなくなってしまい、そのために、築年数のたった住宅が売却されて、その跡地が整地されてそこに新築一戸建ての住宅が建てられる、といったパターンが増えています。


このような場合、売却された従来の一戸建て住宅というものは、たいていの場合、敷地も広く家の建物そのものも大きなものが多いので、その跡地に新築一戸建ての住宅が建てられる場合には、元々は一軒の家が建っていた敷地が区分されて、そこに二軒、あるいは三軒の家が建てられる、といったことが当たり前のようになっているのです。

というのも、最近の新築一戸建て住宅はコンパクトな造りのものが多く、そのために、広い敷地と大きな家のあった跡地には、こうしたコンパクトな造りの新築一戸建て住宅が、二軒、三軒と建てられているわけなのです。

このために、こうした新築住宅には従来のような庭と言えるものがほとんどなく、わずかに地面が付いているといったものなのですが、それでもマイカーが当たり前となった時代を反映して、車の駐車スペースだけは必ず設けられている、といったものとなっています。

また、家自体の造りもコンパクトながら天井が高く、合理的でモダンな設計のものとなっているために、昔の家の造りならばせせこましい家になってしまったものが、コンパクトな割りにはあまり狭いといった印象を受けない、というものになっているのです。

















関連リンク

_pickedtitle3_

_pickedteaserText3_

more

_pickedtitle4_

_pickedteaserText4_

more