新築一戸建ての依頼先を決める

新築一戸建てを買うのに、ハウスメーカーと工務店のどちらを選んだらいいのか。


これはきっと依頼者のほとんどが悩むところだと思いますが、一つアドバイスできることは、一般的な常識や先入観にとらわれないようにすることです。

例えば、建設コストについて考えてみてください。


一般常識では、大手ハウスメーカーのほうが建設費用は安くなるといわれています。

ところが、これは必ずしも当たっているとはいえず、会社によっては広告費や展示費用のためにむしろコスト高になってしまうところもあります。そして、こういうハウスメーカーに依頼すれば当然建設費用も高くなってしまいます。このように、一般常識が通用しないケースもあるので、依頼先は慎重に選ばなければなりません。

また、技術力についても同様のことがいえます。先入観の中で、ハウスメーカーのほうが技術がしっかりしていると思い込んでいる人もいますが、実際にはそうとはいいきれません。なぜなら、ハウスメーカーの施工といえども、実際に工事を行うのは下請けの工務店だからです。

したがって、ハウスメーカーの評判に関係なく、工事を委託する工務店の施工技術が低ければ、完成度の高い新築一戸建ては建ちません。

逆に、企業規模は小さくても、ローコストで完成度の高い新築一戸建てが建てられる工務店もあります。
常識や先入観にとらわれていると良い依頼先を見つけることはできませんので、ハウスメーカーでも工務店でも関係なく、こちらの希望する条件を満たせるかどうかで選ぶようにしましょう。新築一戸建ての購入資金として住宅ローンを組む場合、家がそのまま担保となりますので、比較的ローンが通りやすいといえます。中古住宅の場合は、取得価格と担保価値が必ずしも一致しないため、収入や勤続年数に問題がなくても融資を断られることがありますが、新築の場合は担保価値が問題になることはほぼありません。
しかし、仮に5000万円の新築一戸建てを購入するとして、5000万円を無条件に貸してくれるかといえば、もちろんそんなことはありません。


担保価値があるとはいえ、実際に返済が滞った時、担保の家を競売にかけて残額を全て回収できる可能性はほとんどありません。

金融機関としては、一応の担保は取っているものの、返済が滞らない人であることを前提にお金を貸します。融資そのものを断られることもあれば、5000万円の融資を申し込んで、3000万円なら貸します、という返答になることもあります。仮に自己資金がほとんどない場合、どれくらいの融資を受けられるかは住まい選びの大きな基準となります。
せっかく気に入った新築一戸建てを見つけても、思った通りの融資を受けられなければ、住まい選びを一からやり直すことになります。そんなことにならないよう、事前にどれくらいの融資を受けられるか、調査しておいたほうが良いでしょう。

住宅販売の現場には、大抵住宅ローンのアドバイザーがいます。


収入や家族構成、勤務先、勤続年数、他の借り入れ状況等、個人情報を明かすことにはなりますが、プロのアドバイスを受けられるメリットは大きいです。

















関連リンク

_pickedtitle3_

_pickedteaserText3_

more

_pickedtitle4_

_pickedteaserText4_

more