新築一戸建て住宅を買うときの悩み

一戸建て住宅を買うことは、一生の中でも一大イベントです。

そんな新築一戸建て住宅の購入は大きな喜びや満足感がある一方で悩みもまたあるものです。
では、新築一戸建て住宅を買うときの悩みにはどのようなモノがあるでしょうか。ある調査によれば、一番の悩みは金銭面です。つまり、どのぐらいお金がかかるかということに始まり、そのお金をどのように工面するかということも大事になってきます。

そこで、実際に一戸建て住宅を購入した人はどれくらいのお金を出しているものなのでしょうか。


一番多い価格帯3000万円から3500万円です。これは、建物の価格だけでなく外構費用や諸費用を含んだものになります。

次に多い価格帯は2500万円から3000万円です。

この価格帯で買える住宅は地方の新築一戸建て住宅か都会でも中古住宅に限られてきます。3番目に多いのは3500万円から4000万円になります。

上記2つの価格帯を合わせるとおよそ60パーセントになります。

このように、住宅を購入するためには2500万円から4000万円ぐらいのお金は必要になるということがわかります。どのくらいの費用を一戸建てにかけるかということを決めるのは、人に相談したというパターンが多いのです。

やはり、初めての経験ですので自分たちだけで決めるよりも親や担当者、ファイナンシャルプランナーに聞いたほうが無理な買い物にならないようにするためには大事なことかもしれません。
そして、次に多いのは自分たちで決めたというものです。

やはりプランニングも一つの楽しみですから、自分たちで決めるのが良いと判断したのでしょう。


新築一戸建てには多くの魅力があるものです。


未使用で住めることにもメリットは多くあります。まず長年使い続けることによって配管や排水管の劣化が起こることになりますが、その心配が不要となる点です。また外壁の状態なども中古物件を購入する際にはチェックが必要となりますし、場合によれば手直しも必要となります。

そのような手間も費用もかからないことが利点となります。

そして近年増えているのが、建売り分譲住宅であっても、マンションのように間取りなどを選べるタイプのものです。
中古の場合には、必要があればリフォームによって間取りを変えることもありますが、新築一戸建ての場合であれば最初から最適と思われる間取りにしておくことが可能となります。また購入にあたっても、住宅ローン控除を受けることで税金の還付を購入資金に充てることができるようになります。中古と比べると費用が高くつくと思いがちですが、このような制度を利用することによってその差もそれほどでは無くなるわけです。

また資産価値も当然新築一戸建ては高いものとなるので、万が一近い将来転売することになっても、それなりに高めの設定で売却することができます。
また、土地を用意できる場合には注文住宅による建設を行うことにもなりますが、最近ではローコストによる格安での建設ができるようになっています。

もちろん基本性能は高いものなので、費用の面ではかなりお得なものとなってきています。

リゾートの注文住宅の情報サイトを利用して良かった。

東京の注文住宅の専門サイトのココです。

練馬区の一戸建て情報に精通したサイトです。

箕面市の土地情報探しならこちらをご確認下さい。

あなたに合った条件で江戸川区の新築一戸建てを手軽に利用してみませんか?

https://4meee.com/articles/view/191324

http://jp.reuters.com/article/idJP00093500_20160817_04320160817?rpc=135

http://biz-journal.jp/business-blog/2016/10/post_1391.html

関連リンク

_pickedtitle3_

_pickedteaserText3_

more

_pickedtitle4_

_pickedteaserText4_

more